教育と保育

未来へと進むこどもとともに、
幸せへの道標を築いていきます。

教育および保育の特徴

教育及び保育の特徴
あそびを中心とした教育・保育
乳幼児期にもっとも相応しい学びの手段として『あそび』を教育・保育の中心に位置付けます。また、すべての年齢において、こどもが主体的にあそぶことのできる環境(人・物・空間・時間)を整え提供します。
自立につなげる生活面の支援
0・1・2歳児の食事・排泄・午睡・着脱などの基本的生活習慣においては、おひくしがしっかり担当し、そのために必要な物、場所、空間がいつも同じ環境であるように整えます。
3・4・5歳児のついても、同じく環境面で子供達が自ら生活を営むことができるように配慮するとともに、より高度な生活の決まりや対人関係などについて、数多くの実体験やたくさんの大人たちの学びと、言葉を用いて伝える機会を提供します。

KU:NEL:ASOB 『食・睡・遊』が子どもの育ちの三原則

KU:NEL;ASOB
こどもの心と体の開放
「さとがおかキンダーガーデンは、こども一人ひとりが主人公となり、十分に体を動かして活動するこども園です。」
よく食べ、よく寝て、よく遊ぶ子は健やかに育つといわれます。豊かな保育環境と手厚い保護体制をとることで、大きい子も小さい子も、障害を持つ子も、持たない子も誰もが自分を出して、持てるエネルギーを外界に向け活動できる縁づくりをしています。
こどもに、こどもの世界を
「さとがおかキンダーガーデンは、こどもが心弾ませて仲間とあそび、せいかつできるこども園です。」
こどもは単なる大人の未完成者ではありません。こどもにはこどもの世界があり、仲間と一緒にこども時代を過ごすとか、発達の基礎を固め大人へと育っていく土台となります。私たちは、こどもの身辺自立を促すとともに、春には蝶を追い、秋には木の実を集める・・・といったような、こども集団が作り出す四季折々のあそびを大切にします。

こども園での1日と年間行事

園児の教育・保育についてはご家庭と密に連絡を取り、その日の体調や状況に応じて、個別に対応していきます。よくに乳児や1歳半までの園児につきましては未熟で個人差も大きく、病気に対する抵抗力も弱いので一人ひとりの生活(ミルク・離乳食・昼食・排泄・あそび)を十分に配慮して教育・保育をいたします。新入園児の場合は、ご家庭での生活から少しづつ友達と楽しみながら園の生活リズムになれることができるようにしていきます。

1号認定の1日

7:00
延長保育

 

8:30
教育保育時間

 

13:00
預かり保育

 

17:00
延長保育

 

閉園

2・3号認定(短時間認定/8時間)の1日

7:00
延長保育

 

8:00
教育保育時間

 

16:00
延長保育

 

閉園

2・3号認定(標準間認定/11時間)の1日

7:00
延長保育

 

7:30
教育保育時間

 

18:30
延長保育

 

閉園

年間行事

4月〜6月

入園式

入園式

保育参観日

保育参観日

会津合宿

会津合宿(年長児)

さつま芋苗植え

さつま芋苗植え

プール開き

プール開き

7月〜9月

野菜収穫

野菜収穫

七夕

七夕

富士宝永山登山

富士宝永山登山(年長児)

夏祭り

夏祭り

10月〜12月

運動会

運動会

芋ほり

芋ほり

会津合宿(年長児)

会津合宿(年長児)

卒園旅行

卒園旅行

クリスマスパーティー

クリスマスパーティー

1月〜3月

節分

節分

保護者発表会

保護者発表会

ひな祭り

ひな祭り

お別れ会

お別れ会

卒園式

卒園式