食育

『食』は、生きる力に繋がると
私たちは考えます。

食育

食事の提供について

当園の栄養士が立案したメニューに基づき、自園での完全給食となります。栄養面、健康面に配慮し、素材や産地を厳選しています。乳幼児に相応しい、出汁を十分にとった薄味、刺激を抑えた味付けにこだわり、安心安全な食事の提供を行います。旬の食材を使用した和食を多く取り入れ、大脳を活性化させる『咀嚼』にも十分に配慮したメニュー構成になっています。
おやつは第4の食事と考え、甘いお菓子類は避けています。また食材には、最新の注意を払い、取引業者さんのご協力で安心安全な品での食事の提供にあたっています。

育て、収穫し、食べるまでの過程を体験

育て、収穫し、食べるまでの過程を体験

子供たちに食物を美味しく頂くまでの大変さや有難さを伝えたいと考えています。また、日々の給食を食べる前にも、必ず、美味しいごはんを食べられるのは、のの様、給食の先生、担任の先生、お父さんお母さんのおかげであることを毎日、子供たちは感謝してから食べるのがさとがおかキンダーガーデンです。

食事をとる環境

まずは『たのしい食卓』づくり。お花を飾ってみたり、時にはクロスを広げてみたり、子どもと一緒におしゃべりしながら同じテーブルについて食べられるようにしています。嫌いな野菜でもちょっとづつ。子どもたちの食べ方は『フルコース形式』必ず青菜から食べていきます。小松菜1本でも食べられたら副菜にはいるような運びです。少しでも食べられたら、たくさんほめてあげること。翌日は小松菜が2本に増えます。 次はお味噌汁で最後に主菜とごはんを食べます。何でも食べれるようになったらフルコース方式はとりやめです。こうした保育で卒園までには、好き嫌いはなくなります。入園前はほとんどの子どもたちが、スプーンでの食事です。だからみんなが握り箸。はじめは食べる量よりこぼす量が多いくらいですが、3歳児からは『お箸』を使わせています。あまりうるさく言うと、食べる意欲がなくなりますから、その辺はほどほどにして、上手に使えた時はたくさん誉めるようにしています。

離乳食について

離乳食について

0・1歳児の離乳食期については、食事に関する成長に合わせ、提供する調理方法や素材を変化させ、手づかみ食べからスプーンへつながるよう支援します。使用する食器や食べるときのテーブルや椅子も年齢にあわせたものを使用します。

食物アレルギーについて

食物アレルギーについて

食物アレルギーをもつ子については、家庭と連絡を取り合いながら除去食で対応します。なお、かかりつけの医師からの診断書と、当園作成の『アレルギーを持つ子の覚え書き』を提出していただきます。

お弁当の日

お弁当の日

時には、食育の観点からも、ご家族の手作り昼食を味わうことも大切です。スクールバスを利用し、お弁当を持って、ちょっと遠出の園外保育に出かけます。必ず、お茶か水の入った水筒を持たせてください。